利用規約

厚木市ものづくり企業データベース利用規約


 (名称)
第1条 このウェブコンテンツは、厚木市ものづくり企業データベース(以下「データベース」という)と称する。
 (目的)
第2条 この規約は、データベースの利用、登録及び管理をする上で必要な事項を定めることを目的とする。
 (管理者)
第3条 データベースのシステム管理者(以下「管理者」という。)は、厚木市とする。
 (登録できる者)
第4条 データベースに登録できる者は、製造業又は「ものづくり」関連する事業を行っていると判断した事業所を有する法人又は個人とする。
 2 前項に掲げるもののほか、市長が適当と認めた企業 
 (提供するサービス)
第5条 データベースで提供するサービスは、定型フォーム等による登録した企業等の情報及び本市産業の振興が図られる情報の掲載とする。 
 (掲載できない情報)
第6条 次に掲げる情報は、前条の規定にかかわらず掲載できない。
 (1) 政治性又は宗教性のある情報
 (2) 社会問題についての主義又は主張を含む情報
 (3) 誇大又は虚偽のおそれのある情報
 (4) 公序良俗に反するおそれのある情報
 (5) 第三者を誹謗、中傷又は排斥する情報
 (6) 第三者の著作権、特許権その他の権利を侵害するおそれのある情報
 (7) 法令等に反するおそれのある情報
 (8) 製造関連事業所としての市内での事業活動とかけ離れている情報
 (9) 前各号に掲げるもののほか、管理者が不適切であると認める情報
 (登録の申込及び承認)
第7条 データベースに登録しようとする者は、管理者に対し、所定の様式により申込みをしなければならない。
 2 管理者は、前項の申込みを受け、内容を確認し適切であると認める場合は、データベースへの登録を承認し、申込者に対しID及びパスワード(以下、「ID等」という。)を発行するものとする。
 3 管理者は、前項の確認の結果、申込者が次の事項に該当すると判断したときは、登録を承認しないことができる。
 (1) 申込者が第4条に定める資格を有しないとき
 (2) 申込者が法令等に違反しているとき
 (3) その他管理者が不適当と判断したとき
 4 前項各号の規定により登録を承認しない場合、管理者はその理由を説明する義務を負わないものとする。
 (登録及び掲載情報の変更)
第8条 登録の承認を受けた者(以下「登録者」という。)は、掲載した情報を変更しようとするときは、登録者はID等を利用し、これを編集することができる。
 (登録料)
第9条 データベースの登録料は、無料とする。
 (登録者の義務)
第10条 登録者は、次に掲げる義務を負う。
 (1) 登録者がデータベースに掲載した情報に対し、一切の責任を負うこと。
 (2) 掲載する写真や文章は著作権法等の関係法令を遵守し、個人情報の保護に配慮すること。
 (3) 登録者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに当該情報の変更登録を行うこと。 
 (登録の抹消等)
第11条 管理者は、次に掲げる場合には、登録者の登録を抹消し、又は掲載されている情報を変更し、若しくは抹消することができる。
 (1) 登録者から文書等により登録抹消の申し出があったとき。
 (2) 第4条に規定する登録できる者の要件を欠いたとき。
 (3) データベースに掲載されている情報が第6条の規定に抵触すると管理者が判断したとき。
 (4) 掲載内容の確認や掲載継続の意思が確認できないとき。
 (5) 前各号に掲げるときのほか、管理者が登録者の登録を抹消し、又は掲載されている情報を変更し、若しくは抹消する必要があると認めるとき。
 2 管理者は、前項の規定により登録者の登録を抹消し、又は掲載されている情報を変更し、若しくは抹消したときは、市はその理由を説明する義務を負わないものとする。
 (データベースの運営)
第12条 管理者は、運営及び保守管理、改善、改良など必要があるときは、登録者に事前に通知することなく、データベースの内容及び名称を変更することができる。
 (データベースの停止)
第13条 管理者は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、登録者に事前に通知することなく、本サービスを停止することができる。
 (1) データベースの保守を定期的にまたは緊急に行う場合
 (2) 火災、停電等によりデータベースの提供ができなくなった場合
 (3) その他、運用上又は技術上管理者が本データベースの停止が必要と判断した場合
 (免責事項)
第14条 データベースの利用、登録及び管理における免責事項は、次に掲げるとおりとする。
 (1) 管理者は、登録者にデータベースの利用に起因して損害が発生しても、その責めを負わない。
 (2) 管理者は、データベース及び登録者の情報として掲載されているリンク先のサイト等にアクセスしたために、登録者に損害が発生しても、その責めを負わない。
 (3) 管理者は、登録者の掲載情報その他リンク先のサイト等が保有する内容について、一切の責任を負わない。
 (4) 管理者は、天災、ネットワーク障害その他市の過失によらない事由により登録者等に損害が発生しても、その責めを負わない。
 (5) 管理者は、第7条第4項の規定により申込者に対し損害が発生しても、その責めを負わない。
 (6) 管理者は、第11条から第13条までの規定により登録者に損害が発生しても、その責めを負わない。
 (ID等の管理責任)
第15条 登録者は、ID等を用いてデータベースを利用する権利を、管理者が承諾する場合を除き、他者に使用させず、他者と共有あるいは他者に許諾してはならない。また、ID等の使用及び管理について一切の責任を負わなければならない。
 2 管理者は、登録者のID等が他者に使用されたことによって登録者等及び第三者が被る損害について、当該登録者の故意過失の有無にかかわらずその責めを負わない。
 3 登録者は、自己の設定したパスワードを紛失した場合、速やかに管理者に申し出し、その指示に従うものとする。
 (個人情報の取扱い)
第16条 個人情報の取扱いは、厚木市個人情報保護条例(平成16年12月27日条例第11号)の規定に基づき行う。
 (規約の変更)
第17条 管理者は、登録者の了承を得ることなく、この規約を変更することができる。この場合には、データベースの利用条件は、変更後の規約に従うものとする。
 2 変更後の規約については、管理者が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点から、効力を生じるものとする。
 3 前項の場合において、登録者等が利用を継続する際は変更後の規約を承認したものとみなし、変更後の規約を適用するものとする。
  附 則
この規約は、平成30年5月21日から施行する。